« Nikon、初陣 | トップページ | 藤城清治の世界展 »

2009年5月21日 (木)

明けの明星

Imgp2883b  明けの明星。これを見るのは、何年ぶりだろう?
 今朝は、月がこれに接近。角度にして7度弱。双眼鏡の視野に、ぎりぎり収まる感じだ。『星空通信』のおかげで、このイベントを思い出すことが出来た。紫光星さんに、感謝

 カメラを手に家の外に出ると、これがまた上手い具合に水面に映っているではないか。地球照と金星のコントラストなんてテーマは頭から吹っ飛んで、水鏡に没頭。
 水面が乱れてあまりきれいな鏡にならなかったけど、季節の風物詩ということで、まぁいいか。

 金星の左側、家の屋根の上に火星が写っている。さすがに暗いね。

Imgp2894bあしたはこれと月がが接近(約7度)。
 でも、天気は悪そう。

|

« Nikon、初陣 | トップページ | 藤城清治の世界展 »

星見」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も偶然ですが明けの明星を見ることができました。住まいが3Fでオートロックなので1Fのポストまで新聞を持ちに行きました。AM3:30頃。
その時にあまりにもきれいだったので、写真に撮れたらいいのになと思いながら、しばらく眺めていました。
きれいに撮れてますね。
また来ます。

投稿: ほたて | 2009年5月22日 (金) 01:21

ほたてさん、こんばんは。

 日没後や夜明け前の月や金星は、空の色が微妙に移り変わる様にえも知れぬ美しさを添えます。
 この程度の写真なら、露出オートでも何とかなっちゃいますので、ぜひお試しください。(ご存知だったらごめんなさい)
 とはいっても、まずカメラを載せる三脚は必須。デジカメならその場で写り具合がその場で確認できるので、何段階か露出補正をかけながら試行錯誤すれば、きっといい写真が撮れますよ。

 あとは月や星の巡り合わせや、お天気次第といったところでしょうか。日頃の行いの悪い私は、外すほうが圧倒的に多いです

投稿: Ar! | 2009年5月23日 (土) 01:34

こんばんは。
カメラはそんなに頑張っていないので、三脚も持ってないですし、カメラが必要な時は主人のデジカメを借りてます。
月や星に興味を持ったのは昨年なので、まだまだわからないことだらけです。
基本的なことは小学校で習ったはずなんですけどね

投稿: ほたて | 2009年5月23日 (土) 02:12

>月や星に興味を持ったのは昨年なので、まだまだわからないことだらけです。
 その道に詳しい人は沢山います。分からないことがあったら、どしどし、きいてみて下さい。大抵のみなさん、「教え好き」です。
 わたしもまぁ・・・下手ですけど、お教えできる範囲で。

 また遊びにいらして下さい。

投稿: Ar! | 2009年5月25日 (月) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明けの明星:

« Nikon、初陣 | トップページ | 藤城清治の世界展 »