« 『炎のさだめ』って・・・ | トップページ | にぎやかな東天 »

2009年7月22日 (水)

ピンクの日食

 今日の部分日食。午前中の降水確率が高かったため早々にあきらめ、何の用意もせずに出社。

090722_123453_2  10時の休憩の際、雲が薄くなったときに辛うじて欠けている様子を確認。食の最大11時10頃に「もし晴れたときのために」、在り合わせの材料で日食観測箱「かんそくくん」(右図:要はピンホールカメラ)を突貫作成。所要時間は5分程度か?

 11時近くなると、窓の外がなんだか薄暗い。それが食のせいなのか、単に雲が厚くなっただけなのかは、屋内からでは分かりづらい。

 最大食分の頃、ちょっと外に出てみると、やはり曇り。影すら見えない状態では、せっかく作った「かんそくくん」の出番はない。それでも雲の流れが速くて、時々欠けた形が分かる。
 「どうせ露出オーバーで真っ白だろう」と、ダメ元でケータイのシャッターを切ってみる(空がまぶしくて液晶も見えないので、向きもいい加減)と。

   090722_111307
 太陽自体は露出オーバーだったが、ピンク色の擬色?を発生。形だけは分かる写真になっちゃった。
 銀塩だったら、太陽周辺も含めて真っ白に飛んじゃうだけで、こうは行かなかったはず(それだけシビアというか、忠実と言うべきか)。う~ん。やってみるもんだ。

090722_123403  次に見えたのは、復円後の12時30分を過ぎてから。これもやっぱり、太陽がピンク色に飛んでます。

   -------

 それにしたって、露出オーバーがピンク色に写るとは思わなんだ。

 ピンク部分をくりぬいて、全体のトーンを落とす。くり抜いたピンクを白に置き換えて合成すれば、それらしい写真になるかな??? そんな切った・張ったはやらずに、単純にピンクが白くなるようにカラーやトーンをバランスをいじったら?
 気が向いたら、やってみましょう。

|

« 『炎のさだめ』って・・・ | トップページ | にぎやかな東天 »

星見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンクの日食:

« 『炎のさだめ』って・・・ | トップページ | にぎやかな東天 »